レーベルから探す!お気に入りの音楽

あなたは普段、どうやって新しい音楽を探していますか?

・・・自己紹介が遅れました、はるかです!ストリーミングサービスを使いながら本格的に(?)音楽を掘り始めてから2年弱、最近は電子音楽にハマっています。

今日は私が普段よくやる音楽の探し方・同レーベルのアーティストを探す方法について具体的に書いてみたいと思います。このやり方だと、同系統のアーティストをたくさん知ることができてウハウハですよ。

具体的方法

Step1: 好きな作品を見つける

 

「新たに作品を発掘するには、まず好きな作品を知らなければならない」という鶏が先か、卵が先か・・・といったジレンマを若干抱えつつ、えいやっと一枚選びます。

ここで取り上げるのは、Eli Keszler の Stadium です!今年出たアルバムの中で、個人的にかなりグッときたアルバムでした。これを聴いたきっかけは、Oneohtrix Point Neverというアーティストです。もともと彼の音楽が好きで、彼のバンドでドラムを叩いたEli Keszlerも聴いてみるか、といった次第です。

ジャズからの影響を感じるこのアルバムは、繊細なドラミングがふわっとした躍動感を生み、聴く人を前へ前へと、いや、斜め上くらいに運んでくれるような、そんな作品だと思います。いや、通して聴く時間がないよ!って方は4曲目の“Flying Floor For U.S. Airways”だけでも聴いてみてください。

Step2: Discogsで調べる

単に「作品名(+アーテスト名) discogs」でググるだけ。すると大抵の場合は作品情報がまとまったdiscogsのページが出てきます。レーベル以外にも、レビューやら相場やらの情報が見られて楽しいですよ。

(※)discogsは便利ですが特に邦楽は記載が無い場合もあるので、その場合はamazonで調べると情報がまとまっていて良いと思います。

ここで、Eli Keszler ‎– Stadium は Shelter Press というレーベルから出ていることが判明。Shelter Press ってなんだ??

Step3: レーベルのサイトにとぶ

先程のShelter Press でググります。そして公式サイトにアクセス。

↓アクセスした様子

URL: http://shelter-press.org/

おお・・・作品が沢山出てきました・・・

このサイトのABOUTのページでShelter Press が何者なのか確認します。

Shelter Press works as a nomadic artist-run organization building up dialogues between contemporary art, poetry and experimental music through publications, pedagogical experiences, and exhibitions.

とのことです。エクスペリメンタル・ミュージックのリリース以外にも色々やっているみたいですね。

Step4: 知らないアーテストの作品を聴く

さて、では最後にShelter Press から出ている他の作品を聴いてみます。

とりあえず選んでみたのはこれ!CV & JAB — Zin Taylor による、Thoughts of a Dot as it Travels a Surface です。これまたBandcampで全部聴けちゃう。

 

良いですね、残響音の揺らぎが果てしない深度を持ったアンビエントだ・・・初めて聴いたときは即刻眠りに落ちてしまいました・・・

こうしてまた一つ素敵な作品を知ることができました。めでたしめでたしという訳です。

メリット・デメリット

メリット

何と言っても、同系統の音楽をたくさん知ることができる点でしょう。

デメリット

この方法だけでは、インディペンデントの有力アーティストを見逃してしまいます。ヒップホップの Chance the Rapper なんかそうですよね。

まとめ

おすすめの音楽情報は世の中に沢山出回っていますが、ではどのようにしてその作品に出会ったか?どうしたら好きな作品に出会うことができるのか?音楽を聴き始めた当初の私は常に疑問を抱いていました。そこで、今回は自分なりの音楽の探し方をできるだけ具体的に書いてみました。

今の時代、音楽の探し方は実に多種多様ですが、私はレーベルつながりで聴く方法は割と効率よく好きな作品を発見できて結構楽しいと思います。試していただけたら嬉しいです。