ゲスの極み乙女。とindigo la End

あ、どーも、ゆーとです

今回はゲスの極み乙女。とindigola la Endの魅力について語りたいと思います。

どちらも川谷絵音が作詞・作曲・ヴォーカルを務めるバンドです

ゲスの極み乙女。とは?

2015年5月に川谷絵音Vo./ Gt.   休日課長 Ba.   ほないこか Dr.  ちゃんMARI Key.で結成
高い演奏技術を駆使した何が起こるかわからない曲展開に全てを飲み込んでしまう声。
プログレ、ヒップホップを基調とし、独自のポップメロディを奏でる4人組バンド。

indigo la Endとは?

2010年に2月川谷絵音を中心に結成。2014年8月に後鳥亮介が加入。2015年に佐藤栄太郎が加入し現在の体制(川谷絵音 Vo/Gt 長田カーティス Gt. 後鳥亮介Ba. 佐藤栄太郎Dr.)となる。
歌とギターのツインメロディとそれを支えるリズム隊、それらが絶妙なバランスで重なり合う。

ゲスの極み乙女。の魅力

「オンナは変わる」のPVでもわかる通り、最大の魅力は圧倒的な4人の演奏力です。それに、川谷絵音が作る子気味良いリズムと歌詞が加わりゲスの極み乙女。唯一無二の音楽になります。

indigo la Endの魅力

indigo la Endの魅力は失恋ソングです。ギター中心の心地よいメロディーに嫌というほど突き刺さる切ない歌詞が合わさってindigo la Endの曲になっていきます。

2つのバンドを支える2人のコーラス

「えつこ」と「ささみお」である

この二人が作るハーモニーによってゲスの極み乙女。もindigo la Endも音に厚みをつくのである

ゲスの極み乙女。とindigo la Endも今年メジャーデビュー5周年です

今後も2つのバンドの活躍に期待です!!